“知識”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちしき91.3%
しりあい4.3%
チシキ4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“知識”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 撞球100.0%
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一向いつかう變則へんそく名所めいしよいて、知識ちしき經驗けいけんかつたかれ
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さうでないとわれ/\は博物館はくぶつかん知識ちしきひろ勉強べんきようすることが工合ぐあひよくまゐりません。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
魚心堂は、深夜に、知識しりあいの喧嘩屋の店から出て来たこの二人に奇妙に興味を感じて、そこは夜と言わず昼と言わず閑人ひまじんの魚心堂のことだから、何となくあとをつけてみる気になっただけのことだが——。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
築造チクザウルハ都下トカ繁昌ハンジヤウシテ人民ジンミン知識チシキヒラ所以ユエン器械キカイナリ」と叫んだ如きわざと誇張的に滑稽的に戯作の才筆を揮つたばかりではなからう。
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)