“繁昌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんじょう81.5%
はんじやう11.3%
はんじよう4.0%
はや2.4%
ハンジヤウ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「すこし繁昌して来ますと、すぐその土地にできるものは飲食店と遊郭です。」と牡丹屋の亭主も夕飯時の挨拶に来て、相槌を打つ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
引連深川萬年町に賣家中島立石と改名して醫業をみとせしに繁昌致し下男下女を置き妻と娘一人を相手に暫時無事に消光けり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
惡業まらぬ女子があらば、繁昌どころかもあるまじ、貴君別物とても大底はそれとしめせ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そして、いちはやくせ戻り、店に坐って、客の来るのを待ち受けるのだった。しかし、たいして繁昌りもしなかった……。
勧善懲悪 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
築造ルハ都下繁昌シテ人民知識所以器械
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)