“挨拶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいさつ98.2%
えゝさつ0.2%
あひしら0.2%
ええさつ0.2%
おじぎ0.2%
こんにちは0.2%
じぎ0.2%
ちかづき0.2%
アイサツ0.2%
グリイテング0.2%
コムプリメント0.2%
メツセージ0.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとこんどは、もういろいろの鳥が、二人のぱさぱさした頭の上を、まるで挨拶あいさつするように鳴きながらざあざあざあざあ通りすぎるのでした。
グスコーブドリの伝記 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
これが長谷川君でと紹介された時には、かねて想像していたところと、あまりにへだたっていたので、心のうちでは驚きながら挨拶あいさつをした。
長谷川君と余 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
鐵「そうよ、黙っていちゃア仕様がないから挨拶えゝさつをして見よう」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
鐵「挨拶えゝさつをして見ようか」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
挨拶あひしらひ、父はましき、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
仙「うぬの方が余っ程無礼だ、己が仲人ちゅうにんに這入ったのに頭巾を冠って、挨拶ええさつをするってえ事が有るか、頭巾を取れヤイ、面ア出して見せろヤイ」
その時悚然ぞっとして、目をふさいで俯向うつむいた——挨拶おじぎをしたかも知れない。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
勿論、別人とは納得しながら、うっかり口に出そうな挨拶こんにちはを、唇で噛留かみとめて、心着くと、いつの間にか、足もやや近づいて、帽子に手を掛けていたきまりの悪さに、背を向けて立直ると、雲低く、下谷したや、神田の屋根一面、雨も霞もみなぎって濁ったなかに、神田明神の森が見える。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
兄様あんまが、逐々ありありて戻り来しぞ。のう、おむがしやのう。……まず、久々の挨拶じぎをなされ。兄様あんま、お身もお君になんぞ話をしてやってたもい。……わしたち老人としよりばかりで淋しかろうというて、こうしてこんな山奥へ帰って来ておくれた。ほめてやってつかあされ」
生霊 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
その契約書はここにあること、このへんはたいへん景色がよく、また、空気もいいこと、そのうちに一度お挨拶ちかづきにあがって、ご自慢の喉を聞かせていただきたく存じていた、……こと、れろれろと舌をもつらせながら取りとめもなくしゃべり立てると
さうして、その事毎に、挨拶アイサツをしてはやり過したい気が、一ぱいであつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
駈けよってくる花売り女——騒音は都会の挨拶グリイテングだ。
踊る地平線:04 虹を渡る日 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
手をのばした背中に臆病な挨拶コムプリメントを与えようとするとスコッチ・テリアの剛毛は自尊心のごとく無用の愛撫に向ってけばだった。
ロンドン一九二九年 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
我が挨拶メツセージ夏は青田のただ中と子らを目がけて落下傘落す
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)