売色鴨南蛮ばいしょくかもなんばん
はじめ、目に着いたのは——ちと申兼ねるが、——とにかく、緋縮緬であった。その燃立つようなのに、朱で処々ぼかしの入った長襦袢で。女は裙を端折っていたのではない。褄を高々と掲げて、膝で挟んだあたりから、紅がしっとり垂れて、白い足くびを絡ったが、 …
作品に特徴的な語句
ざま こうば よう とう がえし とじ はや 可憐あわれ 臥床ベッド 自分おの 引剥ひっぺがし つむ あっし かんば さかしま ぶり おっか きまり 寂寞しん ふるえ 挨拶こんにちは 穿はき わびし さかしま このみ ぶり あで つつ 突出つきだし 憂慮きづかわ 出入ではいり とおり わらい うみ 蒼白まっさお 蓬々おどろおどろ 骨牌ふだ 空腹ひもじ ことば 往還ゆきき こうべ 引傾ひきかし 寂然しん つらな けぶ おどか おおき 発見みいだ 区劃くぎり つけ ふり くれ おおい めく よじ ふり おのず 忍返しのびがえし かえ ぬれ つい あかり くれない 可哀あわれ 禿かむろ とう 頭毛かみのけ 原因おこり もと えり 僥倖さいわい かりがね わき 押覆おっかぶ 立続たてつ なか みよし あんま 使つかい 懐紙ふところがみ はだえ あわただ なが かいな みぞ 底光そこびかり じっ 翻然ひらり 頬被ほおかぶり 立停たちど