“産”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
48.8%
うま14.4%
さん13.9%
うまれ5.5%
うみ5.0%
うむ3.0%
2.0%
1.5%
1.0%
1.0%
でき1.0%
こう0.5%
いだ0.5%
うぶ0.5%
こさ0.5%
もの0.5%
イデク0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いい子供まれて、親木は、それで満足して、れていくんですよ。人間も、かわりはありません。」と、はいわれたのです。
親木と若木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
一々算盤珠いて、口が一つえればどう、二年って子供が一人れればどうなるということまで、出来るだけ詳しく積って見た。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
(画人呉俊明のち江戸にいでしゆゑ名をなせり)近年相撲越海鷲ヶ浜新潟九紋竜は高田今町の産、関戸次第浜也。
中にカラブリアの一美人ありて、群客の目をせり。その美しき黒き瞳はこれに右手を借したる丈夫の面に注げり。是れララと我となり。
ただ急劇に食物を変化させるのは禁物で昨日まで煉餌を与えた者が今日から急に粒餌ばかりをさせると当分の内玉子をません。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
今この婦人邪慳にされては木から落ちた猿同然じゃと、おっかなびっくりで、おずおず控えていたが、いや案ずるよりが安い。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何うで盲目縞の筒袖に三尺を脊負つてて來たのだらうから、を買ひに行く時かすりでも取つて吹矢の一本も當りを取るのが好い運さ
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
劉琦は、前の妻夫人の腹であり、次男劉琮は、夫人のした子である。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれその政いまだ竟へざるに、ませるが、れまさむとしつ。すなはち御腹をひたまはむとして、石を取らして、御裳の腰に纏かして、筑紫の國に渡りましてぞ、その御子はれましつる。
と いまだ聞かず。 (歌謠番號七三)
「どうだ——」と三吉はお雪に、「この酒は、欧羅巴の南で葡萄酒だというが——非常に口あたりが好いぜ。女でも飲める。お前も一つ御相伴しないか」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
かれ後に佐久夜毘賣、まゐ出て白さく、「みて、今む時になりぬ。こは天つ神の御子、に産みまつるべきにあらず。かれす」
魚沼郡の内にて縮をいだす事一様ならず、村によりてにさだめあり。こはらむかしより其にのみ熟練してらざるゆゑ也。其所その品をす事左のごとし。
瀑のある澤が何時の間にか、優しく平らになつたかと思ふと、山脚は右に左に應接の暇なく現れて、其の度に流はさゝやかな聲を擧げ乍ら、小踊りして私の足を洗つた。
黒岩山を探る (旧字旧仮名) / 沼井鉄太郎(著)
いつの間に初太郎は斯んなのをへておいたのであらう。聞けば彼の病氣の烈しかつた時一生懸命になつて彼を看護した彼の家の下女が是を産んだのだ相だ。
古い村 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
町人のゆらしている煙は西国煙草らしい。それも阿波煙草や薩摩煙草ではなく中国だ——。そんな事を考えたりして、釣糸に心はいていないのだ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南部津軽松前は、蝦夷等にるはその花、鐘の大さに過ぎ、茎の周四五寸、葉の径三尺許りもて、傘に代て急雨を防ぐといふ。南部にては其茎を
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)