“算盤珠”の読み方と例文
読み方割合
そろばんだま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一々算盤珠いて、口が一つえればどう、二年って子供が一人れればどうなるということまで、出来るだけ詳しく積って見た。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
と手品の算盤珠を弾いて見せる訳にはいかなかつた。で、少将は一度手品といふものが見たくてまたらなかつたのだ。
手品師と蕃山 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
のまがった靴をいて、紫色のを引きずって、髪を算盤珠のようにふくらまして勝手口から案内もわずにって来た。これは主人のである。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)