新世帯あらじょたい
新吉がお作を迎えたのは、新吉が二十五、お作が二十の時、今からちょうど四年前の冬であった。 十四の時豪商の立志伝や何かで、少年の過敏な頭脳を刺戟され、東京へ飛び出してから十一年間、新川の酒問屋で、傍目もふらず滅茶苦茶に働いた。表町で小さい家を …
作品に特徴的な語句
かえ あや みだ せせ きっかけ かか 饗応ふるも うぶ なか ぼッ ある しあわ しょ 湿しと あっし すが そら かじか あし あや きつ 待遇あつかい 手練てなれ そら いご ちいさ 打撲はりとば 扮装つくり わた うかが てあい まし うま ふか あたし 不快まず おら あが 彼奴やつ しま 迂廻うねり 誹謗へこな へえ おどか ちいさ 延引のびのび あれ かえ 長所とりえ あてが なま たく 外方そっぽう 曠野あれの ことば うわ 湿うるお うか ほん 取着とっつ 翌日あした 一端いっぱし しゃべ いじ 悒鬱むさくる 懈怠けだる あず ゆら はた 夫人おくさま はず あった あらた 柔和おとな ごみ 気味ぎみ かか 湿うる もぐ おやじ 目容めいろ 突如だしぬけ のぞ かご