“弁”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
わきま71.2%
べん19.2%
しゃべ1.5%
はなびら1.5%
わか1.5%
わき1.2%
バルブ0.8%
ことわ0.4%
しや0.4%
びら0.4%
0.4%
わいわい0.4%
わきまえ0.4%
わきめ0.4%
ベン0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「前後をよくえてから物はいうものじゃ、第一の着到はかくいう弓削田宮内じゃ、お歴々といえども、着到順から申せば皆後じゃ」
討たせてやらぬ敵討 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
花柳に身をしたるものゆゑはなしもおもしろく才もありてよく用をずるゆゑ、をしき人にがなしとて亡兄もたはむれいはれき。
ある寒い朝、十時ごろに楊枝をつかいながら台所へ出て来た笹村の耳に、思い出したこともない国訛りでっている男女の声が聞えて来た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
と思うと、すらりとに、心持首をけていた細長い一輪のが、ふっくらとを開いた。真白な百合が鼻の先で骨にえるほど匂った。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「おもかげに」の類の歌に出てゐる執こいまでの抒情気分は、もう一歩進めれば「春の歌」か「恋歌」かのちがつかなくなる。
惣「ヘエ、手前は羽生村の惣次郎と申す何もまえませぬ百姓でございます」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
重油のを巧みに開いて、飛行島のスピードを今二十ノットに上げたばかりの機関部員は、面長の東洋人であった。
浮かぶ飛行島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
寸々に引き切っても、首はなお残りて腹に入りついに人を殺す(とはよくよく尻穴に執心深い奴で、水に棲むてふりがないばかり、黒井将軍がされたトウシ蛇たる事疑いを容れず)
そんなを、どうかするとたどたどしいべつた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
雨けむる夜は花と閉ぢてあり
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)
カーテンをかかげて外を見ると、ストーブの温か味で汗をかいた硝子戸を透して、まるで深海の底のように黒目かぬ真暗闇が彼を閉じこめていることが分った。
軍用鼠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
容止音辞かなり。天命開別天皇(天智天皇)の為にまれたまふ。となるに及びてしくて才学有り、文筆む。詩賦、大津より始まれり……。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
余「併し相手が是非のもない獣類で有って見れば、引っ掻れたとて別に恥じる事も有りますまい、シタが余ほどのお怪我ですか」夫人「大した事も有りませんが痛みがしいのです、痛みさえなくなれば、医者にも及びませぬけれど」
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
手前たちゃ物のえもなけりゃ物覚えも悪いと来てるんだからな。手前たちの母親は何だって手前らを海へなんぞ出したのか己にゃあわからねえ。
軍井ダ達セズ、将ハズ。軍幕未ダゼズ、将ムヲ曰ハズ、軍未ダガズ、将飢ヱヲ曰ハズ、冬、ヲ暖ニセズ、夏、ラズ、雨ニヲ張ラズ。是ヲ、将ノ礼トイフ。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)