“抜弁天”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぬけべんてん75.0%
ヌケベンテン25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
抜弁天ぬけべんてんへ出て、一軒一軒歩いてみるが、クレップの襯衣なぞ買ってくれる家もない。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
路は遠いが、抜弁天ぬけべんてんの方から行く方が好いと最初に私は車夫に注意した。
初冬の記事 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
どこをどう駈け抜けたか、淋しい組屋敷がつづいている、牛込うしごめのとッぱずれのだらだら坂を、とうにすぎて、ここは、星かげもひなびている抜弁天ぬけべんてんに近い田圃たんぼ中——一軒家があって、不思議にも、赤茶けたあんどんに、お泊り宿——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
斎藤一座は女力士の数が多く、粒も技術も揃い、興行の手法に工夫があったから名声を博したが、女の日下開山となると、女相撲抜弁天ヌケベンテン大一座の花嵐にまさる者はない。