新版 放浪記しんぱん ほうろうき
第一部 放浪記以前 私は北九州の或る小学校で、こんな歌を習った事があった。 更けゆく秋の夜旅の空の 侘しき思いに一人なやむ 恋いしや古里なつかし父母 私は宿命的に放浪者である。私は古里を持たない。父は四国の伊予の人間で、太物の行商人であった …
作品に特徴的な語句
しゅう おと 食堂ホール しみ 旦那バーリン 乞食かたい ぜき 汚穢おえ ブルウ ざけ ぼう もん 凝視みい 銀行くら がえる いん 青空れいめい さかえ えん 甘味おい しま ブラック ぶみ ふい 洋傘パラソル 斑々まだらまだら くう しゅ ひか 今日こんち こた っか たま 養父とう 哄笑わら はた また くつ むな 注視 進化エヴオリュウション 喧嘩げんか 沈黙だま 塵芥じんかい 大根おおね ぬか やっこ 翌日あす さいわい 老酒ラオチュー おこ 万世まんせい 憧憬あこが 三宿みしゅく はし はし 玩具がんぐ 鶏肉とりにく いや 木裂こっぱ 宿酔ふつかよ 庖丁ぼうちょう 自惚うぬぼれ しめ うな かな くち 粉挽こなひき 文身いれずみ あわれ うた 粗壁かべ 昆布こぶ はなぶさ かわず 蛤鍋はまぐりなべ 彷徨ほうこう 曲線カーヴ ふん ごみ 嘲笑ちょうしょう 糶売せりう かじ はじ なまり