“円”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
まる63.0%
まろ9.7%
まど5.5%
つぶら5.0%
えん4.8%
つぶ4.8%
まどか1.5%
1.3%
ゑん1.1%
まろき0.4%
りょう0.4%
マド0.2%
うま0.2%
0.2%
まある0.2%
まるき0.2%
まろか0.2%
まろみ0.2%
まろや0.2%
まろら0.2%
まアる0.2%
ツブ0.2%
マル0.2%
マロ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜならは、小刀かなにかで、不格好とされてくされ、そして、には、縦横がついていたのであります。
春さきの古物店 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あるひは炬燵にうづくまりて絵本読みふけりたる、あるひは帯しどけなき襦袢を開きて乳房を見せたる伽羅きしめたる
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
形骸に拘々せず、小智に区々せず、清濁のまに/\呑みし、始めて如来禅を覚了すれば万行体中にかなり。 (天知子)
若い子の夢はでした。朝まで白いベッドの中で、頬を赤くして唇をかるく開いたままで、朝起た時はもう日がスッかり出て居ました。
無題(一) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
、二千というのついた、ダイヤモンドの指輪が、装飾品にならべてありました。それをただけでもびっくりしたのです。
都会はぜいたくだ (新字新仮名) / 小川未明(著)
白蝋のの上に、香りの高い白粉がのべられ、その上に淡紅色の粉白粉を、彼女の両頬にらなの上に、しずかにりこんだ。
棺桶の花嫁 (新字新仮名) / 海野十三(著)
睡眠はとらなければならないだろう。しかし眠りはではあるまい。だが彼は疲労れていた。間もなく眠りに入ったらしい。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
葉子も、何時か、体全体に、脂肪を持った、ふくよかな肉がつき、ろやかに、体から流れ出る線は、白く、そして弾力に富んで来た。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
有と無との交錯、またはとか、融とかいふ宇宙観や人生観、または悟道、さうしたものは、すべてそれを言つてゐるのではないか。
ある時に (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
艸木のをうしなはざるも気中にずるゆゑ也。雲冷際にいたりて雨とならんとする時、天寒甚しき時はとなりてる。
「毎月ね、三やりますよ。それから兄の所から三宛ね、くれますよ。ソレ小遣が足りねえと、上祖師ヶ谷の様にならァね」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
何時見ても、大師は、微塵曇りのない、かな相好である。に、ふるまひのおほどかなこと。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
要求強きところには必ず方法が見いだされる。母儀の死ぬのを待って仏道に入ればすべてがく行くように思えるが、しかしもし自分が先に死ねばどうなるか。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「間違いなんかいたしません、百八十五ン」
古銭の謎 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
と云って兄の膝の前の椀からその太ったい一片を箸の先に刺そうとした。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
、地気天に変格して雪となるゆゑ天のと地のなるとを併合六出をなす。六出円形也。
のように厚い漆黒の眉毛、山根のあたりから高く盛り上がって、準頭が豊かにな鼻、左右の隅がやや上にあがり、形の大きい厚手の口等は、貴人の相を想わせて、同じく人の眼を引くに足りた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
火焔の脈を打たせて満ちたるの月は世界のつち色の岸から岸にとやわらかい光の潮を敷いていた。
(新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
しかしかな相貌と全躯にみなぎる深い光沢を仰ぐとき、天武天皇が生涯にわたって心奥に憧憬されたあの久遠の和の光輝を思わないわけにゆかない。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
この時ネルロも、かな夢を破られて、びっくりしてかけつけて来ましたが、コゼツの旦那は荒々しく彼をつきのけて、腹が立ってたまらないように
生薬屋看板だよ。梅「あれは……。近「糸屋看板だ。梅「へえゝ……あれは。近「人が見て笑つてるに、水菓子屋だ。梅「へえゝ……あ彼処いものはです、かうつもるのは。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
機に上つて日ねもす、時には終夜織つて見るけれど、蓮の糸は、すぐにになつたり、れたりした。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
月のやうにくて、幾つも上へ/\と、月輪の重つてゐる如くも見えた。其が、隙間風の為であらう。時々薄れて行くと、一つの月になつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
郎女が、筆をおいて、にこやかなひを、跪坐る此人々の背におとしながら、のどかにし、音もなく、山田の廬堂を立ち去つた刹那、心づく者は一人もなかつたのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)