春さきの古物店はるさきのこぶつてん
広やかな通りには、日の光が暖かそうにあたっていました。この道に面して、両側には、いろいろの店が並んでいました。ちょうどその四つ辻のところに、一軒の古道具をあきなっている店がありました。そこに、各種の道具類が置かれてある有り様は、さながら、み …
作品に特徴的な語句
かお 連続れんぞく ぽう じつ めん きず らく 各種かくしゅ 故郷こきょう のう なか 主人しゅじん よこ あたま 今日きょう 生活せいかつ とも からだ つく かたむ しず つゆ あいだ ひら かさ 過去かこ 突然とつぜん あか ぼっ けん にち そと ほう あつか 縦横じゅうおう かた かど した 山路やまじ 希望きぼう 幸福しあわせ 脊高せだか くる かれ きゅう なま はら 無理むり いぬ びん うたが 病気びょうき のぼ みじか わたし あき 空想くうそう わら こた 結婚けっこん うつく かんが もの みみ むね なが ちか 退屈たいくつ おく とお あそ 運命うんめい みち 達者たっしゃ おも 野原のはら 針箱はりばこ 骨休ほねやす かぜ かお 黄色きいろ はな