“腰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こし94.3%
ごし5.4%
コオソ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「よし、してみようか……。」と、清吉が、脊伸びをして、ボタンにをつけようとすると、孝二は、はやになっていました。
子供どうし (新字新仮名) / 小川未明(著)
晝間ネなれば田打櫻んで、それガラグワツグワツと田サ這入て、はゝゝゝゝゝ『婆のア、ホウイヤ、ホウ……、ア、アホウエヤ、ホウ……』
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)