“孝二”の読み方と例文
読み方割合
こうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孝二は、二十そうとってきたのを、小泉二人にしてしました。これで、小泉もこの遊戯わることができたのです。
生きぬく力 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「よし、してみようか……。」と、清吉が、脊伸びをして、ボタンにをつけようとすると、孝二は、はやになっていました。
子供どうし (新字新仮名) / 小川未明(著)
ちょうど、をこうしのからながめていた孝二は、いつも新聞をここへれていくのは、この配達するのかとってていました。
生きぬく力 (新字新仮名) / 小川未明(著)