生きぬく力いきぬくちから
「孝二、おまえでないか。」 「僕、そんなところへさわりませんよ。」 玉石の頭から、すべり落ちた青竹を、口をゆがめながらもとへ直して、おじいさんは、四つ目垣の前に立っていました。いたずら子がきて、抜こうとするのだと思ったのです。竹馬にするには …
作品に特徴的な語句
しょう 集合しゅうごう なお しょう うえ がみ はん 青色あおいろ ぶん しん ただ せん どう ゆび たく あた なま なか にん 今日きょう 生命せいめい 以上いじょう 往来おうらい からだ 生活せいかつ あたま かれ 青竹あおだけ みな ひか つめ 冷笑れいしょう あいだ もん むす 午前ごぜん すず 原因げんいん あつか わか ねん ぐち くる くみ あずま たば ぽん へん ごえ そと 小原おばら うば 竹馬たけうま 諸君しょくん ほう はな いえ たい 寄付きふ あたら みみ 見上みあ かんが 級長きゅうちょう はこ 算数さんすう 答案とうあん こた だい 生徒せいと みじか 眼鏡めがね 真剣しんけん 目垣めがき おとこ あつ とう いぬ