“東”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひがし50.8%
あずま20.3%
あづま8.0%
ひんがし4.8%
とう2.7%
ひむがし2.7%
イースト2.1%
アヅマ1.6%
トン0.5%
こち0.5%
0.5%
ひがしの0.5%
ひむかし0.5%
まえ0.5%
やまと0.5%
アズマ0.5%
オストロ0.5%
トウ0.5%
ヒガシ0.5%
ヒムガシ0.5%
西0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるのこと、がやっとあかくなりはじめたころ、いつものごとくそうと、海岸をさして、かけたのであります。
羽衣物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
眼鏡をかけているのが、有田くんのおさん、いちぢれのが、くんのおさん、ふとっているのは、小原くんのおさんさ。
生きぬく力 (新字新仮名) / 小川未明(著)
に吾がふ君はが鳴くの坂を今日か越ゆらむ」(同・三一九四)等、結句の同じものがあるのは注意すべきである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
またわが愛もてつなぎ留めではやまじ。それもかなわでに還りたまわんとならば、親とともにかんは易けれど、かほどに多き路用をいずくよりか得ん。
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
州、静海軍の姚氏がその部下と共に、海の魚を捕って年々の貢物にしていました。
大毘古の命高志に遣し、その子建沼河別の命をの方十二に遣して、そのはぬ人どもを言向けさしめ、また日子坐をば、旦波の國に遣して
日曜日の午後、の大公園ヴィクトーリア・パークのせまい池は、そういう若者たちが、男同士、または女の友達をのせて漕ぎまわるボートで、こみあっていた。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
鎌倉室町の京・の五山の禅僧の漢文学の影響を、極度にとり入れた後世の文学・芸術・芸道が、西行の境地を更に拡げて、細みを、不惑に基礎を据ゑたさびに徹せしめたのも無理はない。
それは二枚ともであった。もとより之も包牌である。「あら見えちゃったわ」といいながら、之を立てようとすると清三が
彼が殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
この辺では穏やかでない寄りの南風が数日来、絶え間なしに吹いているところで、追手の風でも余程自信のある船頭でないと船を出せるものでないことが商売柄千六にはよくわかっていた。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
されば「都伝摸年増夷辺伐様」その広夷に飽き果て散播都天門呉弩ちて自害した。
ここにおいて我が第二回目の国書には「天皇みて西皇帝に白す」
国号の由来 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
(御齒は三枝なす押齒に坐しき。)ここに民をてて、土を掘りて、その御骨を求ぎて、すなはちその御骨を獲て、その蚊屋野のの山に、御陵作りてめまつりて、韓帒が子どもに
それから的を見透すというと、これは、これは、これは、これは西ということが明瞭とわかるのでござる
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
れいののやからとは平ぜい往来の頻繁なこの宮の舎人をつとめてゐるだけに尚さら、小黒の胸にはひしひしと感じられるのだつた。
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
そしてまた何等別の名も見附からなかったのでそこで始めて立チ彼岸の新称を与え、後ち更にそれを彼岸ならびに江戸彼岸と為した。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「事実あの虹は、皮肉な嘲笑的な怪物でしたよ。ところで貴方は、ゴートの王テオドリッヒを……。あのラヴェンナ城塞の悲劇を御存じでしょうか」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
またngはウまたはイの音になり(「」「」「」などの語尾ウ、「」「」などの語尾イは、もとngである)
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
数年前「」の門徒が、此までかた門徒連のやつた宗風のすたれるのを歎いて「雑行雑修をふりすてゝ」と言ふ遺誡をふりかざして、門松め縄を廃止にしようとした時は、一騒動があつた。
古代生活の研究:常世の国 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
過去し方の西の国からおむがしきの土への運動は、歴史に現れたよりも、更に多くの下積みに埋れた事実があるのである。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
川は北の方へ流れ去り、本道は東南の山の中へ指して登って行くようになって居るです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)