“十二”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じふに50.0%
じょうに25.0%
とをまりふた25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美女は、十二の、を、両方へ、けて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
十二!」とみんなが答えた、十分満足して、声の尻を下げながら。
鐘塔の悪魔 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
大毘古の命高志に遣し、その子建沼河別の命をの方十二に遣して、そのはぬ人どもを言向けさしめ、また日子坐をば、旦波の國に遣して