“紫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むらさき93.1%
3.1%
ゆかり1.3%
むらさ0.6%
むさらき0.6%
むら0.6%
アニリン0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
硫黄を燃せばちょっとのくるっとするようないろの焔をあげる。それからくときは孔雀石のような明るい青い火をつくる。
窃におもんみるに曾某は、もと一飲賭の無頼、市井の小人、一言の合、栄、聖眷け、父は、児は、恩寵極まりなし。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
——女夫雛は言うもさらなり。桜雛柳雛花菜の雛、桃の花雛、白とと、の色の菫雛には、つくし、鼓草の雛。相合傘春雨雛小波軽く浅妻船調の雛。五人囃子官女たち。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
染出したる萌黄緞子油箪を掛て二棹宰領四人づつ次に黒塗金紋きの化粧紐たる先箱二ツ徒士十人次に黒天鵞絨に白く御紋
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
にさした、には、かゝつて、どんよりした遠山のみどりをけた遅桜は、薄墨色いて、散敷いた花弁は、かさなつてをこんもりとむで、薄紅い。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
紫式部といったかたの好きだったというももっともで……おと云うがほんとうに紫……などというでしゅ、その娘が、その声で。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここがヤッパリその本筋なんで……このチュッてえ奴が腸詰材料に合格のスタムプみてえなチューだったんで……実際眼がんじまいましたよマッタク。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)