“紫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むらさき93.6%
3.2%
ゆかり1.3%
むさらき0.6%
むら0.6%
アニリン0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、むらさきばんだあおかいも、うみいろが、そのまままったような、めったにたことのないものでありました。
眼鏡 (新字新仮名) / 小川未明(著)
校長はもうやがて見えるでしょうと、自分の前にあるむらさき袱紗包ふくさづつみをほどいて、蒟蒻版こんにゃくばんのような者を読んでいる。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
見る/\くれないまじつて、廻るとむらさきになつて、さっと砕け、みっツに成つたと見る内、ツになり、ツになり
蠅を憎む記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
窃におもんみるに曾某は、もと一飲賭の無頼、市井の小人、一言の合、栄、聖眷せいけんけ、父は、児はしゅ、恩寵極まりなし。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そこで、たんざおの値をきいて、欲しそうになでてはいたが、それは買わないで、買ったのは蒔絵まきえ爪箱つめばこと、糸を七かけ。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かすみさんし、露をみ、ひんし、こうひょうして、死に至って悔いぬ。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
桜雛さくらびな柳雛やなぎびな花菜はななの雛、桃の花雛はなびな、白とと、ゆかりの色の菫雛すみれびな
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
花菖蒲はなあやめ、風もゆかりの身がくれに
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
みちにさした、まつこずゑには、むさらきふじかゝつて、どんよりした遠山とほやまのみどりをけた遅桜おそざくらは、薄墨色うすずみいろいて、しか散敷ちりしいた花弁はなびらは、ちりかさなつてをこんもりとつゝむで、薄紅うすあかい。
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
……小鰯こいわしの色の綺麗さ。紫式部といったかたの好きだったというももっともで……おむらと云うがほんとうに紫……などというでしゅ、その娘が、その声で。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここがヤッパリその本筋なんで……このチュッてえ奴が腸詰ソーセージ材料タネに合格のアニリンスタムプみてえなチューだったんで……実際眼がくらんじまいましたよマッタク。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)