“紫苑”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しおん77.4%
しをん22.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紫苑”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集9.5%
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
文学 > フランス文学 > 詩3.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
四日の大暴風雨の後なので、荒れ、まだ紫苑しおんなども咲かないので大してよくはなかったがお成の間の上からの眺望一寸よかった。
可愛がって育てると、葉は紫苑しおんのさきの方に似てやや強く、スッとして花は単弁で野菊に似てやや大きかった。
紫苑しをん基督キリスト御最後ごさいごのおんかたどるせつない花。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
「あながち岸といふ詞にこだはる必要はありますまい。私は紫苑しをんか何かの……」