“紫苑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しおん78.8%
しをん21.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
几帳のが一枚上へ掲げられてあって、紫苑色のはなやかな上に淡黄の厚織物らしいのの重なった袖口がそこから見えた。
源氏物語:52 東屋 (新字新仮名) / 紫式部(著)
押入なんかにっておくより、昼間はちょっと秋草に預けて、花野をあるく姿を見ようと思いますとね、萩もも寝てしまう、紫苑は弱し。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
れるへて極彩色金屏風るがく、秋草模樣は、紫苑りて、とともにへり。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
犬芥、「約百」、紫苑、どんなに血のれる心よりも、おまへたちのがわたしはだ。んだ花よ、むかしの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)