“紫紺”の読み方と例文
読み方割合
しこん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それら諸家の軍装のあいだにも、紫紺、赤、くさ色、はなだ、小豆色など自家の色彩をさまざま誇る色一揆の傾向が現われかけていた。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白っぽい竪縞の銘仙の羽織、紫紺のカシミヤの袴、足駄を穿いた娘が曾て此梅の下に立って、一輪の花を摘んで黒い庇髪に插した。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
二三日前のふと考へて面白がつた酔興のことも、いよ/\紫紺にしてくれと云ふ時にはもうしくなつてめようかと迄思つたのであつた。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)