“紫紺染”の読み方と例文
読み方割合
しこんぞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて紫紺染が東京大博覧会二等賞をとるまでにはこんな苦心もあったというだけのおはなしであります。
紫紺染について (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
盛岡産物のなかに、紫紺染というものがあります。
紫紺染について (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)