紫紺染についてしこんぞめについて
盛岡の産物のなかに、紫紺染というものがあります。 これは、紫紺という桔梗によく似た草の根を、灰で煮出して染めるのです。 南部の紫紺染は、昔は大へん名高いものだったそうですが、明治になってからは、西洋からやすいアニリン色素がどんどんはいって来 …
作品に特徴的な語句
おわ 日常にちじょう 清酒せいしゅ 殿どの うえ ざけ せん 先刻せんこく 大勢たいせい 食堂しょくどう 一度いちど よこ かい 洋行ようこう りょう 中毒ちゅうどく 主人しゅじん ちち 酒代さかだい ぐん さつ へん 現今げんこん におい 諸君しょくん 卓見たっけん だれ 明治めいじ 反対はんたい 見附みつ 西洋せいよう もん わか まね おおい 相成あいな じつ 客様きゃくさま おど 立派りっぱ した あせ なみ にご はい 無暗むやみ 無理むり 煮出にだ 熱心ねっしん つめ 片脚かたあし もの 玄関げんかん 瓢箪ひょうたん びん 産業さんぎょう 産物さんぶつ 用談ようだん もう つか 病院びょういん かわ 盛岡もりおか 相談そうだん 眼目がんもく 着込きこ わら もん 紫紺しこん 運動うんどう 設置せっち 財布さいふ 責任せきにん おもむき かえ 返答へんとう 途方とほう すす つい はち 鼠色ねずみいろ 食事しょくじ あつ 関係かんけい 野菜やさい さけ 記録きろく 野蛮やばん