“瓢箪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょうたん77.1%
へうたん13.0%
ふくべ3.8%
べうたん2.3%
びょうたん2.3%
ひようたん1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田圃の中の流れの岸で、たった一人で毒死しているとすれば、その原因は、側に転がっている、見事な瓢箪の中味の外はありません。
田圃の中の流れの岸で、たつた一人で毒死して居るとすれば、その原因は、側に轉がつて居る、見事な瓢箪の中味の外はありません。
どれ、無礼講とやりますか。そう、そう、あの馬籠の本陣の方で、わたしは一晩土蔵の中に御厄介になった。あの時、青山君が瓢箪に酒を
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
伜は菊次郎と言つて、芝居の色子見たいな二十一の好い男、青瓢箪で、鼻聲で、小唄の一つもいけて、女の子には持てるが、飯の足しになることは一つも出來ない
伜は菊次郎と言って、芝居の色子見たいな二十一の好い男、青瓢箪で、鼻声で、小唄の一つもいけて、女の子には持てるが、飯の足しになることは一つも出来ない
あんまりのつぺりとくくりがないので一体瓢箪だらうか白瓜か、もしくは信州辺でゆふごと言つてゐるかんぺうを作る瓜なのか、などと家中で評定とり/″\だつたが
瓢作り (新字旧仮名) / 杉田久女(著)