“へうたん”の漢字の書き方と例文
語句割合
瓢箪100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから、瓢箪へうたんを二つに割つて作つた器をもつて、道の下の綺麗きれいな小川から水をすくつて来て、餌にまぜた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
おほきな下駄げた引摺ひきずつて、前屈まへかゞみに俯向うつむいた、瓢箪へうたん俯向うつむき
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)