天国の記録てんごくのきろく
彼女等はかうして、その血と 肉とを搾り盡された 三月の末日、空つ風がほこりの渦を卷き上げる夕方——。 溝の匂ひと、汚物の臭氣と、腐つた人肉の匂ひともいふべき惡臭とがもつれ合つて吹き流れてゐる、六尺幅の路地々々。その中を、海底の藻草のやうによ …
作品に特徴的な語句
ぢゆう 情夫ひも しやう 蝙蝠かふもり 頭髮とうはつ しも きれ かは くはだ 紹介せうかい 短刀ドス 遊廓いうくわく 明瞭めいれう 妖怪えうくわい かゝ はふ たけ 前置まへお 狡猾かうくわつ 呆然ばうぜん とげ 荊棘けいきよく じやう こは 東家あづまや 搜索そうさく 強奪がうだつ 恐怖きようふ 徹宵てつせう こは から 稍々やゝ 禿はげ 細胞さいばう 砂利じやり 眼窩がんくわ 繁殖はんしよく しやく 罰金ばつきん ひぢ 瓢箪へうたん 片肘かたひぢ すゝ 背負せお 濶歩くわつぽ 脅迫けふはく 滅多めつた 淫賣いんばい 汚物をぶつ 蝋燭らふそく なか 格子かうし こん 蟋蟀こほろぎ 昏倒こんたう 血相けつさう あはせ 搾取さくしゆ 拘留こうりう 所詮しよせん あらかじ 惡寒をかん 上玉じやうだま 情夫いろ 咄嗟とつさ 路地ろぢ 強靱きやうじん 廊下らうか 錦紗きんしや 冗談じようだん 喀血かくけつ おさ 前借ぜんしやく 鐵鎖てつさ あへ 周旋しうせん 他愛たあい 頓狂とんきやう 頑固ぐわんこ 妖婆えうば 女衒ぜけん 吸盤きふばん 夜更よふけ 地獄ぢごく 途方とはう あく 自滅じめつ ふく びた 背後うしろ かゝ こん ふる