“冗談”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうだん83.9%
じようだん14.8%
ぞうたん0.7%
てんご0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事のそのものは全く冗談でもなければ、いたずらでもない、好きでやっているわけでも、病で狂っているわけでもない、まして
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
いくらフロツクに緋天鳶絨のチヨツキを着て由兵衛奴の頭を扇子で叩いてゐたつて、云ふ事まで何時でも冗談だとは限りやしない。
南瓜 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
よね しつかりせんかい、冗談のごたる。そツで明日発たるツとかい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「——あんた、平気で冗談言やはんねんなあ」
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)