“雜魚”の読み方と例文
新字:雑魚
読み方割合
ざこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ながらくいたので、れさうになつてきました。雜魚どもは心配して神樣に、のふるまでの斷食をちかつて、熱心りました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
その代り、時には飛んでもない者と、すつかり眤懇になつてゐることがあります。巾着切三などもその一人で、相手は御法の網の目をくゞる、雜魚のやうな男。
が、今は入江の魚が減つて、岩のあたりで釣魚をしたつて、雜魚一匹針にはかゝつて來ないらしい。山や海の景色もあの時分は今よりも餘程美しかつたやうに思はれる。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)