“續”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
つゞ76.1%
つづ8.7%
つゞき4.3%
3.3%
つゞけ2.2%
2.2%
つゞい1.1%
ぞく1.1%
つが1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大雪のために進行けられなくなつて、晩方武生驛越前)へつたのです。ひて一町場ぐらゐは前進出來ないはない。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
が、中根營庭眞晝太陽しさうに、相變らずべつたい、愚鈍軍曹けながらにやにやひをけてゐた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
國許にござります、につきまして、饒舌りますのに、にこまりますことには、事柄に、つござります。
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それは、し、をつけ、ぶ。は、さをふせぎ、え、をかくす。人にものをする人は、人のをまし、をそへ、ぐなり。
日に何遍となく繰り返される、印刷したやうな奧さんの詞でも、たま/\内にゐて、半日の間たてに聞いてゐると、刺戟が加はつて來て、腦髓が負擔に堪へなくなつて來る。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
別の長老めいた者が、説明をいだ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
切付たる鞍覆馬一疋供鎗三十本其餘兩掛合羽駕籠茶瓶等なりて常樂院天忠和尚四人徒士にて金十六の紋を附たる先箱二ツ打物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
本箱をさがして、のおん姉君の、第七帖すのも仰々しからう。……炬燵つてあるきさうな、膝栗毛木曾街道寢覺のあたりに、一寸はさんで。……
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
學校をおねになるのですか。』と兒玉うとして、ふた。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)