“つづ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
65.3%
12.9%
12.2%
2.7%
十九1.4%
1.0%
1.0%
0.7%
0.7%
連続0.3%
接続0.3%
点綴0.3%
継続0.3%
要約0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜならば、その文章が、まるでアメリカ人の書きそうな俗語の英語で、けっして外国人のったものとは思考されないからである。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
もちろん、たった一人、大道ぐらしをけてゆくことの危険なことはよくわかっていた。それはさんざん、つらい経験もしている。
それをめてニヒナヘとし、またにひなめとしたという本居説は、いよいよ心もとないものとなりそうに、自分などには感じられる。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
これと同時に、自分と添寢をしてゐたお春も同じく怖い夢にでもおそはれたらしく、急に火の付くやうに泣き出して、「ふみが來た。ふみが來た。」とけて叫んだ。
半七捕物帳:01 お文の魂 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
もし妾にして富豪の家に生れ窮苦の何物たるを知らざらしめば、十九二十歳の身の、如何でかかる細事に心留むべきぞ、幸いにして貧窶成長り、なお遊学中独立の覚悟を定め居たればこそ
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
薄茶色の芽を全体に吹いて、柔らかいが天にく所は、糠雨されたかのくにんでいる。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼女は、桑畠の向に見える人家や樹木の間から、遠くいた山々を望むことの出来るような処へ来ていた。ゴットン、ゴットンとく耳についたは、水車の音であった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
この光栄と権利を五千万分一以下に切り詰められたる時、余は余が存在を否定し、もしくは余が本国を去るの挙に出づる能はず、むしろ力のく限り、これを五千万分一に回復せん事を努むべし。
『文学論』序 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
めて云うと、一は我から非我へ移る態度で、一は非我から我へ移る態度であります。一は非我が主、我がという態度で、一は我が主、非我が賓と云う態度とも云えます。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大森林に連続いた谷間の町でも、さすがに暑い日は有った。三吉は橋本の表座敷にって、一夏かかって若い思想めようとしていた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
この三吉の家はい街道の裏手にあたって、古風な町々に連続いたような位置にある。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
前に広い芝生を控えた応接間を左へ折れ曲ると、それと接続いて長方形の食堂があった。結婚する前健三は其所で細君の家族のものと一緒に晩餐の卓に着いた事をいまだに覚えていた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
でも、また、すぐに、川風に煽られ、舞い上がり、藪や、小丘や、森や、林の点綴られている、そうして、麦畑や野菜畑が打ち続いている平野の方へ、飛んで行った。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
是は文字通り永遠に継続くべき者である、而して信者は忍んで其建設を待望む者である。
要約めて申しますと、その祭文の中には、前にもちょっと申しました現代社会に於ける精神病者虐待の実情と
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
往年宮は田鶴見の邸内に彼を見しより、いとど忍びかねたる胸の内の訴へんもあらぬ切なさに、唯心寛仮初りける筆ながら、なかなか口には打出し難き事を最好く書きてけもしを
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)