道草みちくさ
健三が遠い所から帰って来て駒込の奥に世帯を持ったのは東京を出てから何年目になるだろう。彼は故郷の土を踏む珍らしさのうちに一種の淋し味さえ感じた。 彼の身体には新らしく後に見捨てた遠い国の臭がまだ付着し …
作品に特徴的な語句
満更まんざら 紫檀したん 長火鉢ながひばち 面長おもなが 見馴みな 采配さいはい 幾個いくつ 浅黄あさぎ あと 石燈籠いしどうろう 肌理きめ 錦絵にしきえ 御褒美ごほうび 夜寒よさむ 披瀝ひれき 凋落ちょうらく 千切ちぎ 枝折戸しおりど 耄碌もうろく 芝生しばふ 藁葺わらぶき 惜気おしげ 薄縁うすべり 後家ごけ 反物たんもの 本郷ほんごう 無躾ぶしつけ 章魚たこ 捗取はかど 権柄けんぺい 見覚みおぼえ 目貫めぬき 護謨ゴム 平家ひらや 牢屋ろうや 熨斗ひのし すし 陳腐ちんぷ 危惧きぐ 成行なりゆき 追分おいわけ 余裕ゆとり 八百屋やおや らち 脊中せなか 見栄みえ 八釜やかま 無沙汰ぶさた 白髪頭しらがあたま 頑是がんぜ 喘息ぜんそく 屈托くったく 堅気かたぎ 緋鯉ひごい 関聯かんれん 小雨こさめ 紙屑かみくず 手数てかず 硯箱すずりばこ 物憂ものう 生捕いけど おか 生唾なまつばき 一棟ひとむね 厭気いやき 齷齪あくせく 瓦解がかい 手蹟 口癖くちくせ 家作かさく 湯呑ゆのみ 浅草あさくさ 唐辛子とうがらし 手土産てみやげ 抵当かた 指頭しとう 日本橋にほんばし 畏怖いふ 突当つきあた 紙入かみいれ 内所ないしょ 小用こよう てん ばつ 因業いんごう しめ 手持無沙汰てもちぶさた 枕辺まくらべ 火屋ほや 解脱げだつ 見計みはから 焦立いらだ へい 毎月まいげつ 面当つらあて 惨澹みじめ 手応てごた 持前もちまえ くだ 書付かきつけ