道草みちくさ
健三が遠い所から帰って来て駒込の奥に世帯を持ったのは東京を出てから何年目になるだろう。彼は故郷の土を踏む珍らしさのうちに一種の淋し味さえ感じた。 彼の身体には新らしく後に見捨てた遠い国の臭がまだ付着していた。彼はそれを忌んだ。一日も早くその …
作品に特徴的な語句
ずく 交際つきあう くっ まったく われ うみ ことご たん はや 片端きれはし 端折ぱしょ 焦燥あせり 退しり ぎらい うたがわ てら 執拗しつおう うな ふか ずく おっし じか つぶ さら がら 迂回まわりみち どま うけ いた みず あげ ひえ いわ もてあ ちょう そら うま じき かぶ 端緒いとくち うわ よう おお 引摺ひっずり いご やっ 退 あたし いつ うも もと 倦怠けたる 正体たわい つぶや ぺん あらか 退出たいしつ もど 寝衣ナイトガウン かた さが ひやや 蒼白あおしろ つら おっ 髑髏しゃりこうべ たし さす たた 食気しょっき 一層ひとしお あん たか 鮮明あざや はじ どん 逍遥あちこち ちっ へん 当方とうかた 強請せび 弁別みわけ 羞恥はにかみ しっ はめ わたくし ひざ 悉皆みんな シリング かわ