“撫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
83.3%
なで4.9%
4.0%
なだ3.4%
さす2.1%
0.7%
0.5%
パット0.2%
いたは0.1%
さず0.1%
だま0.1%
なぜ0.1%
ぶな0.1%
カキナ0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水面をめてとぶ時に、あの長い尾の尖端が水面をでて波紋を立てて行く。それが一種の水平舵のような役目をするように見える。
浅間山麓より (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
て見るとしな手障だから財布の中へ手を入れて引出して見ると、封金で百両有りましたからりして橋のまで追駆けて参り
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ついに伯牙という琴の名手が現われた。しがたい馬をしずめようとする人のごとく、彼はやさしく琴をし、静かに弦をたたいた。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
はやるガラッ八をめて、平次が書いた一本の手紙。それを中坂の藤井重之進の家へ届けた晩、加島屋のお桃は無事で家へ戻りました。
お栄は姉の背中をりながら、叔父さんに向つて、「なんでも吾家祖母さんの顔がつとそこへ出て来たんですツて……」
出発 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
『お前だったか、私は、私は……』と胸をすって居ましたが、も不思議そうに僕の顔を見て居たのです。僕は驚ろいて
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
人間の形代なるへのは、少々意味が変つて居る。別の物に代理させると言ふ考へで、道教の影響が這入つて居るのである。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
目的地に着いて初々しい静子の透き通るやうなくゝり顎のを、軽くしてやりたくて、仕様がなくなつて来た。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
おつぎはをこすりながらしく/\いて與吉にして背中いてはりながらいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
をした手で腕をりながら
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
狂い果てた相手をして、の子をわが手に抱き取りはしたものの、そして、西も東もしらない、頑是なく、いたいけなこのむつきの子供に、罪も怨みもないと
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
て見る石の暑さや星の影 除風
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
などの大木をり出した見事なものであります。大きいのになると直径三尺ほどにも及びます。これらを荒削りするには山に幾日かをこもらねばなりません。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
武内宿禰に琴をらさせ、烏賊津使主審神者として、琴の頭・琴の尾に千繒高繒を置いて、七日七夜の間神意を問はれた(神功紀)とあるのは、沢山のの高い幣束で琴の周りをとり捲いて
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
貴剣サダメシ御鍛養被存候、貧生マタ鍛腕シテリアリ候
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)