国文学の発生(第二稿)こくぶんがくのはっせい(だいにこう)
呪言の展開 一神の嫁 国家意識の現れた頃は既に、日本の巫女道では大体に於て、神主は高級巫女の近親であつた。併し、其は我々の想像の領分の事で、而も、歴史に見えるより新しい時代にも、尚村々・国々の主権者と認められた巫女が多かつた。 神功皇后は、 …
作品に特徴的な語句
フト アキ 大人ミコト ゴト ツヒ フチ カミ カク コト シヽ ツカ ビト 眩惑マドヒ ハヤ 正体ムザネ カツラ 一時イツトキ 人形ニンギヤウ ズン アマ ムロ 日本ヤマト 果物ナリモノ ヘウ ウカ カム 人形ヒトガタ アメ しば 御方オンコト カシコ かは もつとも モノ マカ もつとも ヤマ 朝廷ミカド ごく ウヂ 直面ヒタオモテ 細目ホソメ 住吉スミノエ 占象マチ 同朋ドウボウ 地下ヂゲ 夏越ナゴシ 天離アマサカ 子産コム なほ 屋敷ヤシキ サイ 曲舞クセマヒ 海部アマ ハラ ハタ サヽラ 過剰アマリ 随身ズヰジン つか 倭建ヤマトタケル 卜部ウラベ 喉頸ノドクビ 外居ホカヰ 天降アモ たのし 嫋女タワヤメ むしろ 布留フル 常世トコヨ 形代カタシロ 志賀シカ いつ 現神アキツカミ 白鵠クヾヒ 節供セツク ノゾ 触穢ソクヱ わか 采女ウネメ すこぶる 人長ニンヂヤウ