“天降”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あまくだ76.7%
アモ11.7%
あも6.7%
あもり3.3%
あまく1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへ美しい印度式のライスカレーが一皿分天降ったら、すぐに踊りをやめてしまった。妾はお腹の虫の現金なのに呆れてしまった。
ココナットの実 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
所謂天降り着く神々に、自由自在に土地を占められては、如何に用心に用心を重ねても、何時神のめた山を犯して祟りを受けるか知れない。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ここに日子番の邇邇藝の命、天降りまさむとする時に、天の八衢に居て、上は高天の原をらし下は葦原の中つ國を光らす神ここにあり。
白銀色布引に、青天くだし天降しぬ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
正岡君などは全く天降だりした神の子のような詩人ではなく、立派に地上から生れた詩人です。
子規と和歌 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)