ココナットの実ココナットのみ
妾は今、神戸海岸通りのレストラン・エイシャの隅ッこに、ちょこりんと腰をかけている。油気のない前髪をういういしく垂らして、紫ミラネーゼの派手な振袖を着て、金ピカの塩瀬を色気よく高々と背負っているのだから、ウッカリした男の眼には十四五ぐらいにし …
作品に特徴的な語句
うずま はし ウルフ 浴槽バス パイ かつ そむ 命令いいつけ 垂髪さげ わたし ひい 平生いつも 彼奴きゃつ 御身おみ ぬぐ すわ けだもの がゆ 硝子がらす 空室あきべや べに もも かど つら 一寸ちょっと 上衣うわぎ うち 二方ふたかた わた 今朝けさ とぎ 何処どこ かし 其他そのた かぶ 切子きりこ 刺繍ししゅう 勿体もったい 匆々そうそう かく いや 印度インド 可笑おか 呼吸いき とが せき 塩瀬しおぜ 外套がいとう 天降あまくだ へや 小使こづかい かが 屏風びょうぶ 弗箱ドルばこ 強力ごうりき 彼奴あいつ 思召おぼしめ 恰好かっこう ドア 散々さんざん くら いわ 更紗さらさ 曹達ソーダ 林檎りんご ゆが まり 気象きしょう なみだ 洞穴ほらあな 浮標ブイ 海月くらげ よだれ 温柔おとな はげ 狒々ひひ 獅噛しが たま びん 甘草かんぞう 生命いのち 生唾なまつば しわ にら