“硝子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ガラス83.5%
がらす13.2%
ビイドロ2.0%
びいどろ0.5%
たま0.3%
ギヤマン0.3%
ぐらす0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ボヘメヤ硝子色のサーチライトが、空気よりも軽く、淋しい、水か硝子のように当てどもなく、そこはかとなくき散らされていた。
髪切虫 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
濃いが、り重り、汽車とともにりながら、その百鬼夜行の、ふわふわと明けゆく空に、消際らしい顔で、硝子窓をいて
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
半分開いた眼が硝子のゴト光って、頬ベタが古新聞のゴト折れ曲って、唇の周囲が青黒うって、水を遣っても口を塞ぎます。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
千代田の大奥には、硝子を透かして見るような、澄明な秋のがにおって、お長廊下の隅すみに、水のような大気がって動かない。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
すると警察医は、一寸そのままで黙っていたが、やがてゆっくり立上って大きく欠伸をひとつすると、ロイド眼鏡の硝子を拭き拭き
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
いろいろな姿態を硝子に極彩色で描いた、五枚から八枚までの種板を嵌めこみ、幕のうしろにいくつも写箱をならべて交互にこれを使用する。
顎十郎捕物帳:15 日高川 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)