“びいどろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ビイドロ
語句割合
硝子75.0%
玻璃25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千代田の大奥には、硝子びいどろを透かして見るような、澄明な秋のがにおって、お長廊下ながろうかの隅すみに、水のような大気がって動かない。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そして、その場所が奥まった中二階の裏に出来ていて、大矢車のうえした——恰度遊女の頭に当る所には、天井と床とに二個所、硝子びいどろの窓が切り抜かれていた。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)