長塚節歌集ながつかたかしかしゅう2 中2 ちゅう
郷にかへる歌并短歌 草枕旅のけにして、こがらしのはやも吹ければ、おもゝちを返り見はすと、たましきの京を出でゝ、天さかる夷の長路を、ひた行けど夕かたまけて、うす衾寒くながるゝ、鬼怒川に我行き立てば、なみ立てる桑のしげふは、岸のへになべても散り …
作品に特徴的な語句
邂逅ゆきあひ まめ まながひ 動作すること 唐黍もろこしきび 強飯こはいひ きり 大嘘おほをそ さは 北風かたま 小雀こがらめ 朱塗あけぬり 白丁よぼろ 硝子びいどろ 雜草あらぐさ おのれ 新聞ひぶみ 晩稻おく 桃尻もゝじり 疱瘡もがさ 蒿雀あをぢ あけ 雜草あらくさ 飯粒いひぼ 餌箱ゑさばこ うろくづ 各務かゞみ 唐黍たうきび 太子みこ 家族やから いは 巨椋おほくら から もみぢ かしは 檜皮ひはだ 烏瓜たまづさ 石蕗つはぶき ふる 茄子なすび どくだみ 豇豆さゝげ 貽貝いがひ みづか 辣薤おほみら 連枷からさを 那古なご こも 鵲豆ふぢまめ 三椏みつまた 何鹿いかるが 兆鼓ふりつゞみ 古幹ふるから 吉國よくに 和知わち 唐鶸からひは 妻籠つまご 小苞をばかま 巨摩こま 布良めら 彌水いやみづ 搗布かちめ くすぐ 本懷おもひ 東國あづま 松雀まつめ 枳椇けんぽなし しもと 槲木かしはぎ 樹脂やに 次月しつき 殻竿からさを 沈霧しづきり 海月くらげ 牝雞めんどり 皀莢さいかち 秀眞ほつま 稻幹いながら 篠葉しのば あみ 縣路あがたぢ 苦菜にがな はぐさ 莢蒾がまずみ 莢豆さやまめ 萵雀あをじ 蒿雀あをじ 蕁麻いらくさ いも 足揚あげ 速贄はやにへ おもて 食稻けしね
題名が同じ作品
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名)長塚節 (著)
長塚節歌集:3 下 (旧字旧仮名)長塚節 (著)