“雜草”のいろいろな読み方と例文
新字:雑草
読み方割合
ざつさう50.0%
ざつそう16.7%
あらくさ16.7%
あらぐさ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くと、にした廣々としたらしいのが、一面雜草で、くにさく、れた四阿らしいものの屋根える。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
てゐる旅行着物が、わゝけるほどにも、すでに春深くなつて、道傍雜草のようにいてゐる野茨が、つてぜられる、といふ意味です。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
雜草も交へずあらんを、淺川や礫がなかに、葉も花も見るに淋しゑ、眞少女よ笑みかたまけて、虚心たぬしくあらめと、母なしに汝が淋しゑ、見る心から。
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
唐茄子は廣葉もむなし雜草の蚊帳釣草も末枯にして
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)