“雜然”のいろいろな読み方と例文
新字:雑然
読み方割合
ざつぜん60.0%
ごちや/\20.0%
ごつちや20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汲上ぐる釣瓶神樂騷然雜然ありてするはく、ありてえざるはきにれり。
鉄槌の音 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
種々な相違した時のことが雜然一緒に成つて浮び揚つて來ます。
ト、一日手を離さぬので筆が仇敵の樣になつてるから、手紙一本書く氣もしなければ、など見ようとも思はぬ。凝然として洋燈の火を見つめて居ると、斷々な事が雜然になつて心を掠める。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)