菊池君きくちくん
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度から三十度までの間を昇降して居た。停車場から宿屋まで、僅か一町足らずの間に、夜風の冷に頥を埋めた首卷が、呼氣の濕氣で眞白に凍つた。翌朝目を覺ました …
作品に特徴的な語句
うそ 父親やぢ ぢや くれゑ たつ ちゞま 以前このまへ いけ 機會きつかけ はず あげ うつす くは 入交いりまぜ 醜女ぶをんな よく おのづ 滑稽をかしな 引被ひつか 冒頭あたま 先方あつち いら 一日ついたち 飛沫とばちり ほんと かは 普通たゞ 日光ひざし おび 彼方あつち 入交いりこ もう さわ 手巾はんかち たつた きり 平生いつ 素破すつぱ なまめ 武士さむらひ 此方こつち おつ 普通あたりまへ 昨夜よべ 可笑をかし 秋波いろめ 擧動やうす 揶揄からかは 職務しごと 不拘かゝわらず ダース あや さま 眞實ほんと 意外とんだ そゝの なまけ 醜女みたくなし 不可いかん 媒介とりもち とも あたま 乘越のつこ 濕氣しめりけ 滑稽おどけ 淡白あつさり くす くわだ さをさ ほん 伏臥うつぶ 明瞭はつきり 旅館やどや ひけ 話好はなしづ 悠然ゆつたり 悠暢ゆつたり 恍惚うつとり 貴君あんた 怨言うらみ 何方どつち 乾涸ひからび 平生ふだん はしや 雀躍こをどり また わし いかめ 凝然ぢつ ちつ
題名が同じ作品
菊池君 (新字旧仮名)石川啄木 (著)