菊池君きくちくん
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度から三十度までの間を昇降して居た。停車場から宿屋まで、僅か一町足らずの間に、夜風の冷に頤を埋めた首巻が、呼 …
作品に特徴的な語句
三度みたび 布袋ほてい 眠気ねむけ 面皰にきび 瓦斯燈がすとう 或時いつか 真先まつさき 相不変あひかはらず 崛起くつき 鍍金めつき 不断たえず なあ 其麽そんな 狐疑うたがひ あつま 一団ひとかたまり 収入みいり 煽動おだて 衣嚢ぽけつと 不取敢とりあへず 容体ようだい 官衙やくしよ 四度よたび 一朶いちだ 独身ひとりみ 二室ふたま どう 同意まつたく 甚麽どんな 歴々まざまざ 昨晩ゆうべ ひか 恁麽こんな はなびら 陰影かげ 自己おのれ 危険あぶな 他所行よそゆき 其家そこ 性急せつかち 身長みたけ 階段はしご 若干いくらか 日射ひざし 同僚なかま 主婦おかみ 賑々にぎにぎ 生来しやうらい 言語ことば 不拘かかはらず ござ 淡紅色ときいろ 発議はつぎ 這麽そんな 蹣跚よろよろ 空腹ひもじさ 囂々わやわや 湿気しめり 七子ななこ 密々ひそひそ 部下した 日光ひざし 年長としかさ 街路みち 身延のびのび はしや 献酬やりとり うん 如何様いかさま 姿態しな 断々きれぎれ 断間しきり あかぎれ 紛擾ごたごた 媒介とりもち クラス 間隔へだたり 冒頭あたま 他日あと 引被ひつか 反返そりかへ 職務しごと 抜萃きりぬき 秋波いろめ 材料ざいれう 装飾かざり 二種ふたつ 晴天はれ 暖炉ストウブ 怨言うらみ 焦慮あせ 悠暢ゆつたり 呼気いき 話題はなし 平日いつも 満々なみなみ 醜女みたくなし 其度そのたんび
題名が同じ作品
菊池君 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)