菊池君きくちくん
私が釧路の新聞へ行つたのは、恰度一月下旬の事、寒さの一番酷しい時で、華氏寒暖計が毎朝零下二十度から三十度までの間を昇降して居た。停車場から宿屋まで、僅か一町足らずの間に、夜風の冷に頤を埋めた首巻が、呼気の湿気で真白に凍つた。翌朝目を覚ました …
作品に特徴的な語句
微笑につこり ぢや みつつ たつ いけ 以前このまへ 機会きつかけ はず 転覆ひつくらかへ あげ 空腹ひもじさ しと 扮装でたち 入交いりまぜ うつす ひえ ゑぐ 囂々わやわや くは にほひ ほんと 滑稽をかしな おのづ 挙動やうす はびこ いら 冒頭あたま 引被ひつか きたな よく 一日ついたち 種々いろん 飛沫とばちり 漸々やうやう 湿気しめり いづ 日光ひざし かたはら 入交いりこ おび 衣嚢ぽけつと いそが には ちぢま そびら くれえ もう 雑然ごつちや 若干いくらか きり おも 其方そつち じつ 平生いつ をか たつた 秋波いろめ 生来しやうらい 洒々しやあしやあ 歴々まざまざ 武士さむらひ 此方こつち 職務しごと 暖炉ストウブ 普通あたりまへ 昨夜よべ なまめ 揶揄からかは 援助すくひ ダース おつ さま いはほ なだ 居住ゐずまひ そつ 媒介とりもち 蹣跚よろよろ 身長みたけ 醜女みたくなし 凝然じつ 伏臥うつぷ 不可いかん 仮令たとへ 可笑をかし いかめ 暫時しばし ほん 乾涸ひからび 淡白あつさり いいえ
題名が同じ作品
菊池君 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)