“居住”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いずま33.3%
いずまい16.7%
きょじゅう16.7%
ゐずまひ12.5%
すまひ4.2%
いす4.2%
きよじゆう4.2%
きよぢう4.2%
ゐずまゐ4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小六の影を仰ぐと、日吉も、これはこの者どもの頭目だなとったらしく、やや居住いを改めて、じっとその顔を正視した。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「だいぶ御邪魔をしました」と立ちける前に居住をちょっとろい直す。洋袴の崩れるのを気にして、常は出来るだけ楽に坐る男である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
八畳足らずの一室に、親子六人が居住し、雨はり、月影は屋根を通して眺め得るこの生活にも、彼は十分満足していたものと思う。
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)
西山社長はしく居住を直して、此新来の人を紹介してから
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
折が有つたら又お目に掛ります。は、僕の居住? 居住は、まあ言はん方が可い、なれば宿も定めずじや。言うても差支は無いけれど、貴方に押掛けらるると困るから、まあ言はん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その秋にお種は利七のところへ輿入れいたしましたが、陳はそれでも断念兼ねたと見えまして、それから足掛三年唐人屋敷居住んでおりましたが、さすがに気落して
なほこの氣候温和居住にも適當し、また高山中腹以下なのですから、土地くから人口く、物産るのも、ほかのよりずつと多量です。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
私自身としては、に一のコスモポリタンだとじてゐる。は『一所不在』でない。かに日本東京居住してゐる。海外旅行したんどない。
側で聽いてゐるガラツ八の八五郎の方は、居住を直したり、額を叩いたり、長んがいを撫で廻したり、話を聽く前からもう、一方ならぬ興奮です。