“いす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イス
語句割合
椅子95.8%
倚子1.5%
0.7%
居据0.5%
卓子0.2%
居住0.2%
0.2%
0.2%
榻子0.2%
蚊母樹0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
脚を重ねて椅子に座す。ポケットより新聞と老眼鏡とを取り出し殊更に顔をしかめつつこれを読む。しきりにゲップす。やがてる。
饑餓陣営:一幕 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
大祝賀會すとの仕度帆木綿や、いのや、倚子や、テーブルをして、大騷ぎの最中
屋根裏の一燈微に燃えて、エリスが劇場よりかへりて、に寄りて縫ものなどする側の机にて、余は新聞の原稿を書けり。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
居据わりのように出来ているのと同じく、クレッヴァスも毎年同一の地点に出来る現象を呈する。
高山の雪 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
ひとりで舞台をったヘンダスンは、得意時の人間の商人的馬鹿ていねいさで卓子へ近づいて、いきなりポケットから二通の書類を取り出して叩きつけた。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
その秋にお種は利七のところへ輿入れいたしましたが、陳はそれでも断念兼ねたと見えまして、それから足掛三年唐人屋敷居住んでおりましたが、さすがに気落して
車屋さんの安産論が身に沁みたのか、春日様の境内にあったり木神社というのが特に僕の注目を惹いた。、藤、椿、南天、陸英、桜、楓の七種が一本になって覚束なく生えている。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その時彼は十歳にもならぬ脾弱な子供で、竹榻の上に横たわり、祖母はに坐していろんな面白い昔話をしてくれた。祖母は彼女の祖母から聴いた話をした。陳氏の先祖は大金持だよ。
白光 (新字新仮名) / 魯迅(著)
ところでその金屏風の絵が、極彩色の狩野何某在銘で、玄宗皇帝が同じ榻子に、楊貴妃ともたれ合って、笛を吹いている処だから余程可笑しい。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
机は蚊母樹か何かで岩乗に出来てゐて、引出には真鍮の金物が打つてある。それに手を掛けて引くと、すうといた。
金貨 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)