みさごの鮨みさごのすし
「旦那さん、旦那さん。」 目と鼻の前に居ながら、大きな声で女中が呼ぶのに、つい箸の手をとめた痩形の、年配で——浴衣に貸広袖を重ねたが——人品のいい客が、 「ああ、何だい。」 「どうだね、おいしいかね。」 と額で顔を見て、その女中はきょろりと …
作品に特徴的な語句
おどれ つき かげ あわい でけ 柔和やわら うち 赫々かッかッ ちっ 挙動こなし しばたた うわ 憂慮うれい おも さかさま かろう どまり なや つやや 習慣くせ あぶね そら 往来ゆきか あま かッ つい かぶり ひなた 乳母おんば どろ ともし とっ だんま 一日いちんち あんも せい おく 太々だいだい そら えい おおき よそ あかる つらな 退さが にぎやか むくい ことば ほど 蒼白まっさお 前途むこう おなか 耳朶みみたぼ ほっそ 可恐こわ かげ ひっ たわむれ もどり ばば なまめ 旅行たび あらた しがら 格子ごうし こら 気取きどり いか 喝采やんや こまや あかり おやじ さわやか かしこま むこう とま 可笑おかし 可哀あわれ あが よそおい あん もと つむり けん くるし おぶ おのず わき おら 継足つぎたし 道中みちなか はた 黒白あいろ