“土”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つち73.8%
14.7%
ツチ2.7%
くに2.2%
どろ1.8%
1.8%
0.4%
0.4%
ちゝ0.4%
づち0.4%
ところ0.4%
はに0.4%
チヤ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一升、一升の日本橋あたりで生れたものは、さぞ自然に恵まれまいと思われもしようが、全くあたしたちは生花一片も愛した。
「うそでしょう。……おやおや、がある。それからまんじゅうみたいなものが、あちこちにありますね。あれは何ですか」
三十年後の東京 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ウマヤノ マエノ ヒザシガ ヒニ ヒニ アタタカク ナツテ クロイ カラ イ ユゲガ ノボリハヂメテ ヰマス。
ウマヤノ ソバノ ナタネ (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
常世と称する異郷から、「まれびと」と言ふべき異人が週期的に、此を訪れたのである。さうしてその都度、儀礼と呪詞とを齎らした。
顔も、髪も、まみれに、真白な手を袖口から、ひしと合せて、おがんで縋って、起きようとする、腕を払って、男が足を上げて一つ蹴た。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今日においては薩長会津三藩のみでなく拙藩を初め州、因州その他大義に志を抱く藩は多数これあり! これらが小異を捨てて大同につき連合してことに当れば
斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
おつかゞくつちやえつてかれんのだからつてもそんな料簡さねんだ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「おお、関東かい。そうだろうと思った。左官のほうじゃあ、大阪の砂ずりなアンてことを言ってネ。左官も、大阪のほうがいいようなことをいう向きもあるが——」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
昔の諺に、「玉造」ということがありまして、玉造は土地を持たなかった。また今の京都の天部部落は、もと四条河原に居まして、これを「四条河原の細工」ともあります。
「吾が妊める子、もし國つ神の子ならば、む時くあらじ。もし天つ神の御子にまさば、幸くあらむ」とまをして、すなはち戸無し八尋殿を作りて、その殿内に入りて、もちて塗りぎて
次の日は朝九時神田、福原二君などを加へて、名護の西方小一里にあるの古墓を見に行く。
沖縄の旅 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)