“くに”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クニ
語句割合
34.6%
故郷17.1%
郷里12.8%
10.5%
10.2%
故国2.7%
郷国2.0%
2.0%
故里1.4%
0.9%
郷土0.7%
垢膩0.5%
内地0.4%
0.4%
祖国0.4%
国土0.4%
0.2%
郷國0.2%
久邇0.2%
領土0.2%
久弐0.2%
他国0.2%
六合0.2%
古郷0.2%
国家0.2%
国郷0.2%
國土0.2%
地方0.2%
日本0.2%
清国0.2%
田舎0.2%
米国0.2%
邦土0.2%
郷藩0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、おのため、のためにく、りっぱな人間となってください。これが、からみなさんにしあげる最後言葉です。
中学へ上がった日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「その沢から、あの藪地を越えて、ほぼ十マイルもいったところが、ドドの発見地なんだ。おいドド久しぶりで故郷へかえろうぜ」
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
東京の女中! 郷里で考へた時は何ともいへぬ華やかな樂しいものであつたに、……ういへば自分はまだ手紙も一本郷里へ出さぬ。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
もちろん海抜六百尺をもって最高点となすユトランドにおいてはわがのごとき山国におけるごとく洪水の害を見ることはありません。
きことにしてやらんになれ行々にもせんと口惜しきくにつけてもさまのことがかしくにまぎれて
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
故国では英語は一切使いませんけれど、仏蘭西語は子供の時から習ってましたから、この学校が都合がよろしかったのです。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
ちぎれた雲の間を通して丁度日本の方で見るような青い空の色を望むことも出来た。つくづく岸本は郷国を離れて遠く来たことを思った。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そしてこの恍惚たる場面は、わたしが今そこへ向って急いで出かけようとしているあの真の夢ののもっと奔放な光景に、わたしを適応させているのだ
『そいつも気がきかないです。何とかして巴里で一旗上げたいと思うんですが——故里にあおふくろもいますし——。』
然れども比婆須比賣の命、弟比賣の命、二柱を留めて、その弟王二柱は、いと醜きに因りてに返し送りたまひき。
臺所では、お米をいでゐる女中が、はやり唄をうたつて夢中だ。湯殿では、ザアザア水音をさせて、箒をつかひながら、これも元氣な聲で、まけずに郷土の唄をうたつてゐる。
(旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
土ぼこり、垢膩はそそけて
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
そうすれば、まるッきり簡単に「生れた時」とちっとも変らない赤裸になって、おっぽり出された。内地へ帰れなくなる。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
豐葦原ノ千五百秋瑞穗ノ國ハ、我ガ子孫タルベキナリ、皇孫セ。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
最後の䬻別そちに進ぜる! 『現世において安心を得、後世成仏せんと思わば、神のに属しまつる御一方より、許すとの一言承われ!』
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「またこのようにご記憶くだされい。『神のに属する御一方に、許すとのお言葉うけたまわるまでは、死ぬことの出来ぬ男』じゃと。……」
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
……で、二人で湯を沸して、飯を喰ひ乍ら、僕は今から乞食をして郷國へ歸る所だツて、何から何まで話したのですが、天野君は大きい涙を幾度も/\して呉れました。
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
石本君、生別又兼死別時、僕は慇懃に袖を引いて再逢の期を問ひはせん。君も敢てまたその事を云ひ給ふな。ただ別れるのだ。別れて君は郷國へ歸り、僕は遠い處へ行くまでだ。
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
大伴家持が紀女郎に贈ったもので、家持はいまだ整わない新都の久邇京にいて、平城にいた女郎に贈ったものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「今しらす久邇に逢はず久しくなりぬ行きてはや見な」(巻四・七六八)というのもある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
この王の高き領土を襲いぬ
この領土せり。
『倭名鈔』の郷名には駿河富士郡久弐郷がある。また備後御調郡、周防玖珂郡、筑前の糟屋郡ともに柞原郷があって、後の二つは明らかにクハラと訓んでいる。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
藪原長者の抱妓の中に鳰鳥という女が現われてからは、その顔だけでも拝もうとして、近在の者はいうまでもなく遠い他国からも色餓鬼どもが、も我もと押し出して来て、夜も昼も大変な雑沓じゃ
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
抑又塩土老翁に聞きしに曰く、東に美地有り、青山四周、……ふに、彼地は必ずに以て天業恢弘天下光宅るに足りぬべし、六合中心か。……何ぞきてらざらむや。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
「私しゃ気の毒でたまらない。実に察しる。これで、平田も心残りなく古郷へ帰れる。私も心配した甲斐があるというものだ。実にありがたかッた」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
家の旦那さまだってそうでねえか、みんながああるちうのもな、ええか、あれは旦那さまが国家のお役をちゃんと勤めあげさっした奏任官さまだからだぞ……。
とうとう樋口をくどいて国郷に帰してしまったのは。
あの時分 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「我が身は成り成りて、成り餘れるところ一處あり。この吾が身の成り餘れる處を、汝が身の成り合はぬ處に刺しぎて、國土生み成さむと思ほすはいかに」
『つい昔話面白さに申遲れたが、早急なのですよ、今夜十一滊船日本一方なんです。』
それでも、おしかさんは、みんなが別格にあしらっていたほど、近衛さんの思いものだったから、丁汝昌は清国へかえってからも、纏綿の情をめてよこしたといった。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
多分喀血に吃驚して田舎の父母を呼んだのであらう。その面会人が病人の父母であることは一見しただけで明かである。
続重病室日誌 (新字旧仮名) / 北条民雄(著)
外国人は矢ツ張り目がえて居りますのネ、ゼームスつて洋琴を寄附した宣教師さんがネ、米国へ帰る時、の奥様に呉々も仰つしやつたさうですよ、山木様は余り悧巧だから
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
あっちの邦土にも見せないと、意地悪くせんをしているようにも見える位だ。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「お一人ではすみません。お家を、お郷藩を——。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)