“ふるさと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
故郷75.6%
故里10.0%
古里6.5%
古郷2.5%
郷土1.5%
郷里0.5%
南海0.5%
故國0.5%
日本0.5%
旧里0.5%
本郷0.5%
東京0.5%
生国0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お通もふと、を赤らめた。想う人の姉と聞くからに懐かしいのに、故郷の日の憶い出や何や、急に胸へこみ上げて来たのであろう。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼等は少しでも金を作って、故里の村に帰ろう、そう思って、津軽海峡を渡って、雪の深い北海道へやってきたのだった。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
突堤の先端に立っている警羅の塔の入口から、長靴をいた二本の足が突き出ていた。参木は一人になるとベンチにれながら古里の母のことを考えた。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
古郷涅槃会には、に抱き、に捧げて、町方の娘たち、一人が三ツ二ツ手毬を携え、同じように着飾って、山寺へ来て突競を戯れる習慣がある。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
イタリアの二の岸の間、汝の郷土よりいと遠くはあらざる處にの音遙に下に聞ゆるばかり高く聳ゆる岩ありて 一〇六—一〇八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そしてはまた、郷里を想い、自分達の活動を想い、淋しい生活を振り返って、感慨無量の涙にくれるに相違ないのです。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
郷里れ、春の陽光を待ちわびている孤独な人達が、そろそろ雪が消えて、らに地肌が見えかけて来た時、雪間がくれに福寿草の咲いているのを見たら、どんなによろこぶことでしょう。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
昨日らずも天外萬里同胞にめぐりひ、のなせるが奇縁にて優美春枝夫人可憐なる日出雄少年等故國るとはたる幸福であらう。
さま/″\の奇觀をもめたれば、よりかしき日本らんと、當夜十一拔錨弦月丸とて、東洋滊船乘組まんがため、名港ネープルスまでたのは
夜半観測の間合などには暖炉に向いながら、旧里け置きたる三歳の小児が事など始めて想い起せし事もありたり。
山上憶良大唐にいたとき、本郷(日本)を憶って作った歌である。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
東京の寄席の灯遠き夜長かな
寄席風流 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
牛乳屋の物食う口は牛七匹と人五人のみのように言いしは誤謬にて、なお驢馬一頭あり、こは主人がその生国千葉よりともないしという、このには理由ある一なるが
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)