“牛乳屋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎゅうにゅうや42.9%
ちちや35.7%
ぎうちや7.1%
ぎうにうや7.1%
ミルクホール7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“牛乳屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.7%
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あとへ深川の牛乳屋ぎゅうにゅうやそれがしがくる、子宮脱しきゅうだつができたからというので車でむかえにきたのである。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
牛乳屋ぎゅうにゅうやさんはいそがしそうに、いいのこして、また威勢いせいよくはしっていきました。
野菊の花 (新字新仮名) / 小川未明(著)
牛乳屋ちちやが露地へ入れば驚き、酒屋の小僧が「今日こんちは」を叫べば逃げ、大工が来たと見ればすくみ、屋根屋が来ればひそみ、畳屋たたみやが来ても寄りつかない。
二、三羽――十二、三羽 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
牛乳屋ちちやの物食う口は牛七匹と人五人のみのように言いしは誤謬あやまりにて、なお驢馬ろば一頭あり、こは主人あるじがその生国ふるさと千葉よりともないしという
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「もう半年も前のことやよつて、今でもそこに居やはるかどうか知れへんけれど、うちへ来る牛乳屋ぎうちやはんが遊びに登楼あがらはつたら、そしたらその敵娼あひかたはんが、どうどツしやらう、お信さんどしたいふやおまへんか。」
乳の匂ひ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
矢來邊やらいへんは、たゞとほくまで、榎町えのきちやう牛乳屋ぎうにうや納屋なやに、トーン/\とうし跫音あしおとのするのがひゞいて
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
田中町は以前お玉杓子や二十日鼠が棲んでゐた頃は村といつたものだが、大学教授のうち牛乳屋ミルクホールが出来るやうになつてから町といふ事になつた。