乳の匂ひちちのにおい
……その頃、伯父は四条の大橋際に宿屋と薬屋とをやつてゐた。祇園の方から鴨川を西に渡つて、右へ先斗町へ入らうとする向ひ角の三階家で、二階と三階を宿屋に使ひ、下の、四条通りに面した方に薬屋を開いてゐたのだつた。そして宿屋の方を浪華亭といひ、薬屋 …
作品に特徴的な語句
ばゝ ねぶ 自分めんめ きつ てゝ 嬰児やゝこ ほつ がへ 所為しぐさ 歔欷しやく かじ とつ はな をのゝ 娼妓をやま せゐ さが 一時いつとき 着物べゝ そゝ ちご 水漬みづく おも 身上みのうへ しも 清水きよみづ 情夫をとこ 上簇じやうぞく いで 出来でけ うづくま いし あが またゝ 空風からつかぜ ぬす せん したゝ ぬる 歔欷すゝりなき ごみ らく めあ 幸福しあはせ 後嗣あとつ いたづ 芸妓げいこ かひこ 戯談じやうだん 祇園ぎをん きたな 目貫めぬ 疏水そすゐ さかひ しや 無態ぶざま たゞよ のゝし あび 気配けはひ 殺生せつしやう がまち ひぢ おぼ 敵娼あひかた 揶揄からか 提灯ちやうちん つかま おほ 苦衷くちゆう 押徹おしとほ さから 天井てんじやう さへぎ ちんば またが つまづ 低声こごゑ 可笑をか 咄嗟とつさ すか さへづ つら すゝ 喫驚びつくり 別嬪べつぴん しつ