“天井”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんじょう73.2%
てんじやう22.2%
てんじよう2.1%
てんぜう1.5%
てんじよ0.5%
アマ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとその声に母親が逆上して、声を荒らげるために親子の叫喚となり、それが、高い天井に反響して、うわん、うわんとるのだ。
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
は、大巌しくつて、陰惨冥々たる樹立は、露呈に、天井ふ——こゝの椅子は、横倒れの朽木であつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
天井までつたならば、屋根まで打拔いて火氣くこと。これは天井つてがるのをぐに效力がある。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
には小石が一敷詰めてある。天井さは中央部は五あるが。蒲鉾式つてるので、四はそれより自然い。
其頃天井にあげてあつたお面祭器類も、持ち出す事が出来ないで了うた。其後お祭りの為に、お面を神事役の年よりが、皆より集つて彫刻したのである。鬼などは、精巧過ぎる程に出来てゐる。
雪まつりの面 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)